ウッドパネルでお部屋をおしゃれな空間に!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

世田谷 さいたまで自然素材の新築 リフォーム 0宣言の家をしています。

㈱のぞみ 望月 茂です。ブログをご覧いただきありがとうございます。

よくクロスで壁の1面をアクセントクロスにして、柄や色を変えることがあります。

これもとても「おしゃれな」空間になります。

これを木の内装材で、壁1面貼ることで「おしゃれな」空間にできないかなと考えていました。

一番難儀なのが、塗装です。1枚1枚現地で塗ることも可能ですが、リフォームなどで時間が限られている現場では、その工程に時間を割くのが大変です。

また、仕上がりの色のイメージが、お客様と相違が出てしまったり、以外と塗装は大変な作業になります。

そんなことを思っていたとき、目にとまった商品がありました。

三重県亀山市に「なかの材木㈱」様の「WOOD LOVER’S」のウッドパネルでした。
https://wood-lovers.jp/



カタログの中の説明文を1部ご紹介します。

木の新しい価値を創造するために新商品「WOOD LOVER`S」というブランドを2015年に立ち上げました。

自然素材の木にはたくさん良いところがあります。その1つに使い込まれたり経年変化したりした木は、アンティーク材やヴィンテージ材として愛着が生まれることです。

何とも言えないあの木の表情。そして色合い、肌触り。その良さをヒントに、ヴィンテージ材を自分たちの手で作り出すことができれば、
と1年を掛けて商品開発行ったのが、このヴィンテージ加工ウッドパネルです。



イメージの施工例や、色柄などは 上記HPで検索していただければと思いますが、会社でお客様と打ち合わせができるように、色サンプルを作成してもらいました。

三重の木というと伊勢神宮から広がる 神宮の森 熊野につながる山々の森林は、日本の森の代表的な位置づけです。

このウッドパネルは、その三重の木の無垢のスギ板をつかっています。

やわらかい木肌のスギは加工がしやすく、芯材、辺材の差がはっきりしていて、辺材は淡い黄色 芯材は濃い桃色をしたものが多く、着色にも、古さを演出するヴィンテージにも最適です。

おしゃれな空間で家に帰るのが楽しくなるようなご提案をしていきたいと思います。




 

 

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

株式会社のぞみについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ