漆喰(しっくい)

将来の子供たちが、夢や幸せを持てる地域環境を遺すため、私たちは、関わる全ての人が幸せを感じる会社を創ります。

世田谷 さいたまで自然素材の新築 リフォーム 0宣言の家をし
ています。株式会社のぞみ 望月 茂です。ブログをご覧いただき ありがとうございます。

漆喰は古来より住まいに使われ続けてきた左官材です。調湿性に優れ、結露、カビ、ダニ、を防ぎ、脱臭もあるという魅力な素材です。

漆喰の主成分である消石灰は、二酸化炭素を吸収し続け、数百年か て石灰石に戻っていきます。古代エジプト文明のピラミッドや、3000年以上前から現在までヨーロッパではもっとも多く使われている壁材です。

日本でも法隆寺、高松塚古墳からの城郭、土蔵、町屋まで古くから
使用されています。

今漆喰や珪藻土など左官塗り壁が発売されていますが、割れにくく するため、DIY商品として塗りやすくするため等の理由から、つな ぎ材として樹脂が混入されることが多く、実は5%程度混入される と調湿作用など他の特徴も発揮されないことがわかってきています。

今採用している漆喰は、空気層が多く、より多孔質で高い断熱、透
湿効果をもつ100%自然素材のスペイン漆喰を使用しています。


急激な水引きなどによる剥離をドライアウト、乾燥ムラの予防
等のためシーラー処理を行います。
そしてパテなど完全乾燥後、ローラーやハケでムラなく塗りつけ
を行っていきます。
                                                                                                                                 漆喰を溶く水に、体の抗酸化力を高めると言われている「テラヘルツ波」加工波長転写、内装用ウォ-ター」を1袋に1本の割合で、
入れています。(後日もう少し詳しくお話いたします。)

  リフォームの際、一度ご検討ください。