マンションでのキッチンリフォーム

キッチン リフォーム マンション 新築 キッチン

マンションやアパートでのキッチンリフォームは、構造上や管理規約上の制約があるため戸建ての場合と異なる点があります。

今のお住まいが古くなりリフォームする際や、新築マンションの分譲購入、中古マンションをリノベーションするなどの機会でリフォームを検討していく中で、お悩み解決のためにされたい希望があっても、マンションだから叶わないキッチンがどうしても出てきてしまいます。

こちらのページでは具体的にどの様なキッチンができないか、できることは何かをご紹介しますので、リフォームされたいお住まいがマンション・アパートの方はぜひご参考にしてみてください。



マンションと戸建てキッチンリフォームの違い

台所をリフォームする際に、お住まいがマンションか戸建てかで出来るキッチンリフォーム内容が変わってきます。

マンションリフォームと戸建てリフォームの違いその①

マンションリフォームでは、基本的にその部屋に住んでいる人だけのスぺースである占有部分だけをキッチンリフォームすることができます。

リフォーム出来ることは管理規約によって予め定められいて、玄関外の廊下やベランダ、窓サッシや配管位置等はマンションに住んでいる住人の共用部分のため、リフォームできない場合がほとんどです。

共用部分の補修や交換は管理組合が主となり行いますので、管理規約に反するキッチンリフォーム工事をしてしまった場合は、工事停止となり原状回復しなければいけなくなり、追加で費用や工期がかかってしまう上にご希望のリフォームが出来なくなってしまうので注意が必要です。

工事のお問い合わせの前に希望しているキッチンリフォームが出来るか規約を確認されることをおすすめします。

マンションと戸建てキッチンリフォームの違い マンションと戸建てキッチンリフォームの違い


キッチンのリフォームでは、キッチン本体の位置変更は出来ませんが、IHクッキングヒーターへの取り換え、ディスポーザーの設置等はマンションによっては可能な場合があります。

台所、調理空間でのお悩み解決はキッチン本体を異なる形式に交換するだけではありません。

壁付のキッチンが形式を変えられない場合でも、キッチンの並ぶ形で作業カウンターを設置してⅡ列形式にすることでキッチンを広い空間にリフォームすることが可能です。

マンションという制約が入っても、のぞみではキッチンリフォームで出来ることに焦点を当てて、リフォームをご提案させていただきます。

マンションキッチンリフォームと戸建てキッチンリフォームの違いその②

部屋の広さにもよりますが、マンションのキッチンスペースは戸建てよりも狭くなってしまうケースが多いので、ベーシック~ミドルクラスのキッチンタイプ・小さめなキッチンを設置がメインです。

また、キッチンの場所を変更することが出来ないので、リフォーム内容がキッチン本体の交換となり全体の予算を抑えられる傾向があります。

マンションと戸建てキッチンリフォームの違い

マンションキッチンリフォームと戸建てキッチンリフォームの違いその③

キッチン本体を交換する場合は、もとのキッチンを解体し搬出、新しいキッチンを搬入する必要があります。

マンションで1階以上にお住まいの場合は、エレベーターの有無や搬入口の幅によって追加の搬入費がかかる場合があります。玄関から搬入できない場合は、吊り上げて窓から搬入しますが、こちらは戸建ての場合も同様です。



人気のキッチンスタイル

ここからは、マンションで人気のキッチンスタイルをご紹介します。

ここ10年ほどはマンションでもオープンスタイルのキッチンにリフォームされる方が多く、TOTOさんやリクシルさん、タカラさん・パナソニックさん・クリナップさん…各メーカーで定番だった吊戸棚を無くし、開けたな対面カウンターのオープンキッチンが人気です。

対面式キッチンはペニンシュラキッチン、アイランドキッチンなどがあります。おしゃれなキッチンでありながら、収納力に関しては、吊戸棚が無い場合でもその分の収納スペースを背面に収納棚やクローゼットを設置することで解決できます。

人気のキッチンスタイル


しかし、壁付キッチンから対面キッチンにリフォームする場合は、通路分の面積を確保する必要があるためもともとの部屋の面積に対して台所スペースを広げなければなりません。

お住まいのマンションで十分な広さが無い場合は引き出しが開けづらい、狭い、動きにくいなどの弊害が起こってしまいます。この点をしっかり検討して計画を進めるようにしましょう。

対面キッチンにリフォームする場合、キッチン側と背面側の通路幅は、おひとりが使う場合が多い方は約85cm、お子様と調理される場合など複数人で使う場合は約120cmの幅を考えておくと安心です。広さの関係でⅠ型形式へのキッチンリフォームがおすすめです。

人気のキッチンスタイル


最近のシステムキッチンは機能性の向上で新しいキッチンに交換するだけでも収納力がアップします。

オープンスタイルが難しい場合でも、I型から最新機種のI型にキッチンリフォームすることで、シンク下の収納が開き戸からスライドストッカー等の引き出しになり、収納しやすく使い勝手も良くなります。

機能性がある分価格が上がりますが、キッチン本体交換のキッチンリフォームでは間取り変更も含めたリフォーム金額よりも値段が低くなります。

その分の金額を、食洗器の設置や性能の良いガスコンロなどのオプション付けに充てられるのも良いかもしれません。

人気のキッチンスタイル


リフォームとマンションの制約 上手な付き合い方

マンションでのキッチンリフォームをされる時の注意点として、隣人の方だけでなく、管理組合と管理人の方にも早めに挨拶されるのがおすすめです。

キッチンリフォーム工事が始まる前に相談や話をしておくことで、いままでキッチンリフォームされた事例や住人の方の話を聞くこともできるかもしれません。

通常、マンションは契約時に管理規約も一緒に説明がされご自身も承認した形が取られています。

しかし、管理規約では細かい規定が無かったり、規約が作られた時と現在で施工法が変わっている場合には規約だけで判断できないケースが出てきます。

その様な場合でも、キッチンリフォーム工事が始まってからのトラブルを回避するために、具体的なリフォームプランが固まってきた段階で管理組合へ確認を取っていただく形が安心です。

リフォームとマンションの制約 上手な付き合い方

マンション管理組合

施工内容や施工時期についての説明と、規約に反しているキッチンリフォーム内容がないかを確認してください。

計画中のリフォームが規約上難しい時は、仕様の変更や施工方法を変えることで同様のキッチンリフォームが出来る場合があります。また、規約に書かれていない場合は新たに申請する形で許可される場合もあります。

管理人の方

施工業者の出入りや資材の搬入で関りが出てきますので、リフォームする旨や内容を伝えるようにしましょう。

マンションでのキッチンリフォームは、キッチン資材の搬入で車両駐車や、荷下ろし、共用部位の養生等ありますので、管理人の方に協力いただけると円滑に進めることができます。



◀ キッチンリフォーム費用相場 目次に戻る キッチンリフォームする前に ▶
 

最新の投稿

カテゴリー

月別アーカイブ

株式会社のぞみについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ